ローンが残っている車でも売却は可能注意点はひとつだけ

残クレの車を売る 残価設定ローン途中売却

ローン 残っている車 売却
残クレの車でも売れる!残価設定ローン途中売却の心得

残クレの車を売る 残クレの車って途中解約して売却とか出来るのだろうか?

そういう不安をおぼえる人は多いようです。しかし心配は無用。可能です。

イメージ的にはローンが残っている車を売るときと似ています。残りのローンを一括返済すれば所有権解除となり、その車は自分のものに。売却も自由にできるようになります。

自分の貯金でローンを一括返済してしまい、更に所有権解除も自力でやってしまってもいいのですが、買取店へ売却した方が楽。所有権の解除は代行してくれるし、車の売却代金をローンの一括返済へ当てられるようにしてくれます。

残りのローンを一括返済することが条件

残価も含めて一括返済 返却は出来ない 残クレの途中解約にはローンの全額一括返済が条件です。しかしここで重要なことは、残価代金も含めた全額を精算する必要があるということ。

「残っている月々の未払い分だけ一括返済して、残価は車の返却で精算しよう」

こういう考えは通用しません。車をディーラーに返却しての途中解約というのは出来ないことになっています

残クレの途中解約って解約というよりは買取りによる契約破棄です。その車を買取るから残クレ契約を無かったことにしてくれという感じ。

残価を含めた残りの代金を一括で支払ってその車を自分が買取る形になります。

本来はまず自分の貯金などを切り崩して全額返済し、それから所有権を移す手続きを陸運局で行います。本来はこうした所有権解除の手続きが完了してはじめてその車は自分のものになり、自由に売れるようになります。

でも実際はこうした手続き前の車でも買取店へ持っていけば査定をしてくれて、その売却代金を残クレ精算に当てられるようにしてくれます。面倒な所有権の解除も買取店に代行してもらえます。

車の売却代金だけではローンが精算出来ない問題

買取店は残クレ途中の車でも買取ってくれるし、売却代金をローンの一括返済に当てられるようにしてくれます。

しかしこの売却代金だけではローンの全額返済に足らないケースが多いです。

残クレは月々の支払いを軽くする購入方法なので、多額のローンが残っているケースがほとんど。そのため車を売った代金だけでは精算が難しいのです

残クレの支払いイメージ

この足らない分は自分の貯金を切り崩して支払うしかありません。もし払えないとなると、その車は売れない、残クレの途中解約は出来ないということに。

残クレは毎月の支払いが軽かったぶん売るときは多額の清算金が必要。

大手の買取店では新たに別のローンを組んでくれて、それで精算出来るようにしてくれたりもします。足らない分を貯金で払えそうにない人はそうしたサービスを頼るといいでしょう。

借り換えローンについては「ローン残債の車でも売却や所有権解除は意外と簡単」でも解説しているので参考にしてください。