ローンが残っている車でも売却は可能注意点はひとつだけ

ローン残債の車売却 所有権

ローン 残っている車 売却
ローン残債なら所有権の問題が

ローン残債の車売却と所有権解除 ローンで車を購入した場合、ローンを完済するまでの期間の所有者はローン会社になります。所有権の保留というヤツですね。

自分はただの使用者という扱い。

言わばローン会社に車を貸してもらっている形。だからローンの支払いが滞ると強制的に車を取り上げられてしまいます。

ローン車の所有権解除

所有権保留なのでローン借り換えか上乗せで 車の所有者がローン会社であっても利用上はたいした問題はないわけですが、その車を売りたいと思ったときにこの所有権が問題となってきます。

自分がその車の持ち主ではないため勝手には売れないのです。

そのためまだローンが残っていて所有権保留の状態の車を売るには、ローン残債を完済して所有権を解除する必要があります。

参考記事:所有権解除を自力で行うときの手順

しかし一般的には買取店に車を売ってそのお金でローン残債を完済することがほとんど。

このときのパターンは次の3つに分かれます。

車を売ってローンを完済する3パターン
  • 車を売ったお金で全額払う
  • 足らない分を次に買う車のローンに上乗せ
  • 足らない分をローンの借り換えで返済

車を売ったお金で全額払う

車を売ったお金でローン残債を全部払ってしまうのが一番簡単です。

車の所有権はローン会社に握られているため本来なら勝手に売却など出来ません。しかし多くの買取店では所有権解除などこのへんの面倒な手続きを代わりにちゃんとやってくれて、車の売却代金をローン残債に当てられるように取り計らってくれます

車の買取り価格が低かったりしてローンの残債が残ってしまう場合は、足らない分を自分の財布から捻出するか、あるいは次の2つの方法で新たにローンを組み替える必要があります。

足らない分を次に買う車のローンに上乗せ

車を売ったお金だけで足らない場合は、足らない分を次のローンに上乗せしてもらうことも出来ます。大手の買取店ならたいていこうしたサービスが用意されています。

車を売ったお店でそのまま次の車も買うつもりならこの方法が一番簡単。

しかしローン残債があまりに大きいと審査に通らないこともあるので注意。

足らない分をローンの借り換えで返済

車を売ったお金だけでは足らない。でも売ったお店とは違うお店で次の車を買いたい。こういう場合はローンの借り換えで対処します。

ガリバーやカーチスやアップルなど大手買取店ではこうした借り換え用のローンも用意されていますが、支店によっては対応していない場合も。

査定をお願いするときに借り換え用のローンがあるか一応確認しておきましょう。

便利なサービスの落とし穴

本来は面倒な所有権の解除を代行してくれたり、上乗せローンや借り換えローンを用意してくれたり、車の買取店って便利ですよね。

でもここにひとつ落とし穴が。

ローンが残っている車はあれこれ手間がかかることもあり、買取額が低めに査定されることが多いのです。その回避方法や注意点はトップページローンが残っている車売却の注意点を参考にしてください。