ローンが残っている車でも売却は可能注意点はひとつだけ

ローンが残っている車は所有権保留

ローン 残っている車 売却
ローンが残っている車は所有権保留になっている

所有権保留 ローン残債の車は勝手に売れない。所有者がローン会社になっているから。

よく聞く話ですよね。

でも実際は「ローン残債の車でも売却や所有権解除は意外と簡単」で解説したように買取店へ普通に売れます。

だからローンが残っている車でも心配する必要はありません。

それどころかローン残債でも所有権保留をしないローン会社も増えてます。ローンを組んで車を買ったからといって必ず所有者がローン会社になるわけではないのです。

面倒なので所有権の保留をしないローン会社も

軽自動車は所有権保留になっていない場合も ローンで車を買えば所有権の保留が行われ、所有者はローン会社に。自分は使用者という立場。

ローンを完済してはじめて所有権が解除されます。

大抵はこのパターンです。しかし100%ではありません。ローンで車を買っても最初から所有者は自分のケースもあります。

軽自動車や中古車など値段の安い車の場合は所有権保留を行わないローン会社も多いのです

面倒だから。

もともと所有権保留が行われるのはローンの担保にするのが目的。もし支払いを延滞するようなら車を強制的に取り上げるためです。

ローンの貸し倒れで損をしないための防御策なわけです。しかしローンが完済されたときは所有権の解除を行わないといけません。このとき当然少し手間が掛かりローン会社としても面倒。

こうした事務手続きに手間を割くぐらいなら、もう最初から所有権なんて放棄してしまえばいいのではないか。そう考えるローン会社もあります。

とくに軽自動車などの安い車なら金額もしれてます。もし購入者がローンを払えなくなっても損害額は大きくありません。

ローンの貸し倒れという事態もそれほど頻発しているワケではないし、それならばもう最初から所有権保留などやめておこうというワケです。

だからローン残債の車を売りたいなと思っている人は、一度は車検証の所有者欄を確認してみることです。意外と所有者が自分になっているかも知れませんよ。

値段の高い車なら可能性は低いですが、軽自動車などの安い車なら可能性は充分あります。

しかし所有権の保留をしないローン会社であっても購入者の経済状況によってはしっかり所有権保留をする場合も。ローンをちゃんと払えるか心配な人の場合などですね。