ローンが残っている車でも売却は可能注意点はひとつだけ

ローン残債の車でも下取りより買取り

ローン 残っている車 売却
ローン残債の車でも下取りより買取りが有利

ローンが残っている車をディーラーで下取り ローン残債の車はディーラーで下取りしてもらうしかない。そう思っている人がたまにいます。

所有権の問題があるからそう考えてしまうのでしょう。ディーラーで売却するしかないと。

しかし実際は買取店で普通に売れるし、所有権の解除も代行してもらえます。

だからローン残債の車でもやっぱり買取店に売った方が有利。下取りと買取り、どちらの方が高く売却出来るのかといえば、当然買取りですからね。

ディーラーの下取りは競争がないから査定が安くなる

下取りのメリットは楽なこと。次に買う新車のディーラーにそのまま引き取ってもらえばいいのだから。

しかしこの楽チンさは諸刃の剣。

やはり買取額がかなり低いです。無理をする必要がないですからね。ディーラーの下取りにはライバルがいないので。

ディーラーに車を売却する人というのは、楽チンさを求めているのか、あるいは車売却についての知識がないかのどちらか。

そしてどちらにしろディーラー側にしたらいいお客さんです。安い査定額を提示してもそのまま売ってもらえます。

車の買取店の場合は競争が熾烈です。ユーザーは1円でも高く買い取ってくれるお店を探しています。

でもディーラー下取りには競争がありません。ディーラーのライバルは他店ディーラーになるワケですが、でもこれは新車の販売の競争。ユーザーはどのお店で車を買うかを探しているのであって、どのお店で下取りしてもらうかを探しているワケではないのです

ここで車を買おうと決めたお店でそのまま下取りもしてもらうだけ。

だから当然下取りの査定額というのはかなり安くなります。

下取り離れが進んでる

ネットで車の一括査定 昔は車買取店も少なく、多くの人はディーラー下取りで車を処分していました。

処分という言葉がピッタリ来るような安い売却価格で車を手放してしました。

しかし車の買取店というのがどんどん増えてきて、やがて一般化してきます。すると当然こちらで車を売るのが普通になってきます。買取り査定額が全然違うので。

さらに近年はインターネットの登場により、ネットの一括査定という便利なものまで誕生。多くの買取店へ1度に査定が依頼できるため更に買取金額が高騰。

こうした時代の移り変わりから下取りで車を手放す人は減少へ

とはいえ今でも下取り査定を行う人というのは一定の割合で存在しています。新車を買うお店にそのまま引き取ってもらえばいいってやっぱり楽チンですからね。年配の人だとインターネットとか買取店とかわからない人もいます。

それでも下取り1本という人はやはり減少傾向で、下取りと買取りの両方で査定してもらう割合が非常に増えています。

一度は下取りで査定してもらったけど予想以上に安い。じゃあ買取店でも1度査定してもらうかという感じ。

下取りのみで売却してしまう人はもう今では少数派。時代の流れを感じますね。

下取りでの車売却は定価で物を買うようなもの

テレビを定価で買う人はもういない ディーラーの下取りというのは言わば定価で物を購入するようなもの。メーカーの希望小売価格というヤツですね。

テレビなどの家電製品も昔は町内の小さな電気屋でみんな買っていました。価格競争もない時代だったのでほぼ定価。

しかしやがて国道沿いなどに大型の家電量販店が登場。そうなると町の電気屋はもう価格では勝負になりません。みんなが量販店でテレビなどを買う時代に変化していきます。

しかしさらに時代は変わりネットが登場。価格コムとか通販サイトを見てみると同じ製品が大型量販店より更に激安で売られています。

あれほど栄華を誇った家電量販店でさえまさかの凋落ということに。

でも時代の流れには逆らえません。ネット通販って安いし便利ですもんね。

電化製品を定価で買う人がいなくなったように、ディーラー下取りで車を処分する人も絶滅に向かっているのかもしれませんね。