ローンが残っている車でも売却は可能注意点はひとつだけ

車査定後 減額

ローン 残っている車 売却
車査定後の減額なんて実はほとんどない

車査定後の減額 車を査定してもらったら結構いい買取額を提示された。でも後から減額を言ってきたりはしないだろうか?

そう不安に襲われることってありますよね。でも後から減額って実はほとんどありません。だから心配する必要なんてないんです。

査定後の減額って買取店側にとっても実は非常に嫌なものなんです。文句を言われるのが目に見えてますからね。すんなり減額に応じてくれるならいいけど、そういう人って少ないし。

客への減額の連絡なんて非常に面倒で精神的に参るだけ。このようなトラブルはどの買取店だって出来れば避けたいのが本音です。

買取店では引き取ってきた車を二重査定でチェックしますが、このとき内心ではこう願っています。「頼むから何の問題も見つからないでくれ。減額しなくていい車であってくれ」

それでもたまに重大な故障などが見つかってしまいます。そうなると買取店はうんざり。売り主のところへ重い気持ちで電話をかけないといけなくなります。

これが現実です。ちょっとした瑕疵程度なら電話をしてこないことも実は多いです。修理代とかパーツの交換費用は買取店の負担になるけど、気の重い減額交渉をするぐらいなら負担をかぶった方がまだマシ

このへんは金額次第の面があります。高額な修理代が掛かる場合は嫌でも減額の連絡をしないといけなくなります。

悪徳業者と悪徳売り主

瑕疵担保責任 査定士が見れば車の状態はほぼ見抜けます。

だから査定後の減額というのは基本的にあり得ないワケです。それでもたまに減額とか二重査定が問題となるのは悪いことを企む人間がいるから。

買取店が悪徳の場合もあるし、売り主側が悪徳の場合もあります。

査定後の減額が起きる原因はこのどちらかです。一般市民には関係ありません。査定士が査定に来たときにちゃんと見抜いてくれるので。

これから車を売ろうと考えている私たちが知っておかないといけないとことは、まず悪徳業者への対処法です。

更にもうひとつ、自分が悪徳な売り手にならないようにも注意しましょう。軽い気持ちで嘘の申告をしたりしてはいけません。

悪徳業者への対処法

昔と違い今は業界がクリーンな方向へ向かっています。だから悪徳業者というのもほとんど存在しません。とくに一括査定などに登録している買取店は審査もあるので変な業者は排除されています。

悪徳業者の手口は単純です。車を引き渡した後に難癖をつけて大幅に減額してきます。買取金額を振り込む前にイチャモンをつけてくるのが特徴です。

車は取られてしまっている。更にお金もまだ振り込まれていない。コチラ側としては一番弱い状態です。

この状態のときに減額をゴチャゴチャ言って来たら悪徳業者だと考えましょう。

車を返せと言っても「いまさら返せない」と言うし、当初の査定額どおり払えと言っても故障が見つかったからと安い金で済まそせようとします。

こうなったら国民生活センターに相談するのが一番。場合によっては弁護士にも相談。弁護士の費用が心配なら国の機関である法テラスを利用するといいです。無料相談が用意されているし、もし弁護士を雇うことになっても費用をかなり安くしてくれます。

自分も悪徳売り主にならないように

査定のとき質問には正直に答えるのは鉄則です。査定士は事故歴や故障箇所を必ず聞いてきます。査定額が低くなるのが嫌だからとここで隠し事をすると後々面倒なことになります。

物を売る側には瑕疵担保責任があります。見ただけではわからないその商品の欠陥を買う側に必ず伝えないといけないという決まりです。

例えば部屋を借りようとするとき、その部屋で過去に事件や事故などが起きていれば不動産屋は必ずそれを言う義務があります。

車を売る場合は事故歴や重大な故障箇所ですね。これらを必ず査定士に教えないといけないことになっています。

人身事故だけでなく電柱にぶつかったとかガードレールにこすったなども対象です。

エンジンやブレーキの故障も教える義務があります。査定士は査定のときに実際にエンジンをかけて確認するけど、試乗するワケではありません。だから時速60kmぐらいから出てくるエンジンの不調などはわからない可能性があります。

故障箇所や不調箇所は全部査定士に言うようにしましょう。カーナビやエアコンなどの高額な備品の不調も言っておくべき。

こうした説明責任を果しておくとあとから減額などは起きません。あとから何か見つかっても見落とした査定士の責任になります。

査定額の減額は無効であることがほとんど

中古車の買取を後から減額 もしあとから減額を言われたら実際どうなるのか、受け入れないといけないか、そのへんを最後に解説しておきます。

結論をまず言うと、減額に応じる必要はありません。「最初に約束したとおりの買取金額を払ってください」の1点張りで押し通しましょう。

あとから査定額を減額する行為は基本的に無効です。こちらに責任を負う義務はありません。これは消費者庁の見解でもあります。

その理由は査定士がプロだから。プロが一度は提示した金額です。その金額をもとに売買契約は成立しています。よほどのことがない限り金額の変更は出来ません。

悪徳業者の言いがかりなんて当然ながら金額変更事由にはあたりません。

ちょっと不具合が見つかったぐらいで金額を変更出来るわけがないんです。瑕疵担保責任ってそもそも重大な欠陥が対象です。実は事件が起きたマンションだったなどの場合ですね。ちょっとした柱のキズとかは関係ありません。

契約書には瑕疵担保責任がどうのこうの、もし後から故障が見つかったら減額がどうのこうのと書いていたりします。悪徳業者は「その契約書にハンコを押したじゃないか」と迫ってきます。

しかしそんな契約は無効です。契約者保護法というものがあり、一方にだけ不利な契約は無効となります。「査定後に瑕疵が見つかったらその分を減額」というのはまさにこれに相当します

20代ぐらいの若い人はこのへんで悪徳業者に騙されてしまいます。契約書を絶対と思っているから騙されます。ハンコを押したら終わりだと思っている。

でも違います。契約書なんて簡単に無効になります。正当性のない契約は法律で禁止されているからです。

事故歴などをちゃんと伝えていればコチラに落ち度はいっさいありません。後から瑕疵が見つかったとしても、それはちゃんと見抜けなかった査定士の落ち度。責任を負うのは査定士です。コチラに法的な責任は発生しません。

だから減額など受け入れる必要ありません。

冒頭にも書いたように買取店は減額など本当はしたくないんです。二重査定で厳しくチェックするのは悪徳な売り手が存在するから。

事故歴等の申告義務を果していれば査定後に減額などほぼ起きません。

もし起きたとしてもコチラに支払い義務が発生する可能性もほぼありません。