ローンが残っている車でも売却は可能注意点はひとつだけ

事故車買取 高く売る

ローン 残っている車 売却
事故車買取で差が出る2つのポイント【ちょっとだけでも高く売りたい】

事故車買取 事故車であっても買取店に持っていけば普通に買取ってもらえます。

高く売りたいときのコツも同じ。一括査定を利用して買取店同士を競争させれば高く売れます。1つの買取店でしか査定しなかった場合は足元を見られて安く買い叩かれます。

事故車の売却の場合でも結局やることは同じです。

しかし注意点が2つあります。

事故車を売るときの2つの注意点
  • 事故車じゃないのに事故車扱いされないよう注意
  • 廃車に近いなら廃車専門店の方が得

事故車を売却するときはこの2つがポイントとなります。このページでもこの2点を重点的に解説していきます。

事故車じゃないのに事故車扱いされないよう注意

事故車 修復歴車 タチの悪い買取店に当たってしまった場合、事故車ではない車を事故車扱いしてきます。

当然ながら査定額はガタ落ち。

こうした被害に合う原因はハッキリしています。ひとつの買取店でしか査定しないからです。その結果悪徳査定士の話を鵜呑みにしてしまう。

事故車の定義というのは日本自動車査定協会で明確に定められています。査定士はこの定義をもとに事故の程度を判断します。

しかし一般ユーザーはこうした事故車に対する知識をあまり持っていません。そうした客に対してタチの悪い査定士は、デタラメな査定額を提示してくることがあります

事故車には該当しない車なのに事故車だと言いくるめられ、査定額を大幅に下げられる被害がたまに起きています。

1番の防衛策は複数の買取店に査定してもらうこと。これだけでほぼ100%インチキ査定の被害は防げます。何人かの査定士の意見を聞くことが出来ますからね。

そして出来れば事故車の定義も多少は知っておいた方が良いでしょう。買取金額の交渉のときに助けとなります。

事故車とは? その定義
事故車の定義はJAAI(日本自動車査定協会)で定められています。

参考サイト:JAAI 修復歴車の定義

わかりやすく言えば、事故車(修復歴車)とは骨組み部分に不具合が出てしまった車のこと。この骨格部分が事故などで変形したり歪んだりすると、走行に重大な影響が出てきます。

例えば運転中にハンドルから手を離すと片方へよれて行ったり、カーブのとき安定せずガタついたり。

逆に言うと、骨組み部分に損傷がない車は事故車にはなりません。ガードレールにこすってドアがヘコんだとか、小石が飛んできてフロントガラスが割れたとか。駐車のときに誤ってバンパーをぶつけたとか。

こうしたものは事故車に当たらないのでおぼえておきましょう。ドアやバンパーを交換していたとしても事故車ではありません。

骨組みの破損で走行に影響が出ているものじゃないと事故車には当たらないのです。

不当に査定額を下げようとしてきたら、本当に骨格部分にまで変形や歪みが及んでいるのか確認しましょう。

例えば電柱に軽く追突してバンパーが破損しただけでは事故車という扱いにはなりません。悪徳査定士はバンパーの破損だけ見て事故車扱いしてきます。骨格に影響が及んでいなければ大幅な査定額ダウンは不当です。

事故車という言葉が誤解を与えやすいため、現在自動車業界では事故車という言葉は使わず、代わりに修復歴車という言葉を使うようになっています。このとこも一応おぼえておきましょう。

廃車に近いなら廃車専門店の方が得

事故車は海外へ輸出される 廃車に近いような車なら廃車専門店に売った方が高く買取ってもらえることが多いです。そういう買取店は確かな売却ルートを持っているからです。

買取った車は海外へ輸出されます。日本とは違い事故車でも気にせず乗る国ってたくさんあります。

廃車にするしかないような車であってもパーツに分解して海外で利用されています。だから廃車買取店というものが成立するわけです。

自分の愛車がそうした専門店に売った方がいいぐらいに廃車に近い状態なのか、あるいはまだ専門店に売るほどの状態でもないのか。素人には判断が難しい部分があります。

迷ったら普通の買取店に売ればいいでしょう。事故の程度がそれほど重くない車なら普通の買取店でもいい値段を付けてくれます。

しかし一般の買取店では事故の程度が重くなるほど査定額の下落率が大きくなります。廃車専門店ならこの下落率がまだマシ

事故の程度が重い車を売るならやはり事故車・廃車の専門店です。

とは言え専門店って普通の買取店と比較するとやはり数が多くありません。事故車・廃車専門の一括査定だってカービューの1社しか存在していません。

だから基本はやはり一般の買取店で売るのがベスト。競争状態が作りやすいので。

廃車寸前の車だけ専門店へ。

カービューに登録している専門店を見てみると、ハナマルやリプロワールドといった事故車・廃車の買取専門店が集結しています。海外輸出のルートをしっかり持っている買取店ばかりなので、重い事故車ならこちらの方がいい査定額が期待できます。



>>廃車や重い事故車ならカービューの一括査定で



>>普通の事故車なら一般の一括査定で