ローンが残っている車でも売却は可能注意点はひとつだけ

買取店への車の売却契約をキャンセル

ローン 残っている車 売却
買取店への車の売却契約をキャンセルしたらこうなる

車を売るのをやめる まず結論から書いておきましょう。

車買取はいつでもキャンセルできます。段階によってはキャンセル料を払わずに済ませることも可能。

残念ながら車の売却契約にクーリングオフはありません。こちらが売る側だからです。そのためキャンセルとなると自力での交渉しだいという面が出てきます。

車売却のキャンセルを申し出ると買取店は「今さら無理です」とかあれこれ言ってキャンセルさせないようにしてきます。

しかし現状は先に書いたとおりで、最終的には買取店はたいていキャンセルに応じてくれます。

現場での対応は意外と契約書とは違う

車売るキャンセル 契約書 車の査定をしてもらい売却の契約をした。でも一晩寝たら気が変わった。

よくあることです。

実際キャンセルは買取店でよく起きていること。

では現場でどのようにこのキャンセルが処理されているのかというと、買取店ではほとんどの場合キャンセルを受け入れています。

キャンセル料ゼロということも普通にあります。キャンセル料については契約がどの段階まで進んでいるかによって金額が違ってきます。

とはいえ契約書に書いてある通りの金額ではないことも多いのです。例えば契約書にキャンセル料は一律20万円と書かれていてもその金額は不当に高すぎます。だから交渉すれば2万円ぐらいまで大幅に減らすことも出来ます。

契約書に書いてあることは絶対ではありません。まずこれが第一の大きなポイントです。法律上の話と実際の現場の処理は結構違うものなのです

そもそも契約書に法外なキャンセル料が書かれているのは、キャンセルされるのを防止するためのハッタリです。20万円と書いておけばキャンセルする気が起きないだろうと。

しかしこうした法外な金額に正当性はありません。もし裁判になったら必ず負けます。だから交渉すれば下げることが出来るんです。

キャンセルによって与えた損害は弁償する必要があります。しかしそれ以上のお金を払う必要は法的にありません。

法律で私刑は禁じられています。家の前の路上駐車に怒った住人が「ここに車駐めたら罰金100万円」などの張り紙を出したりしますが、当然ながらああいったものは無効です。裁判になっても正当な損害額しか取ることが出来ません。

車買取のキャンセルも同じです。いくら契約書に書いてあるといってもキャンセル料には正当な法的根拠が求められます。

それでも20万円払えと迫ってくる買取店があったら、まず本社へ連絡しましょう。それでもダメなら国民生活センターや弁護士へ相談。しかし大抵は本社への連絡で請求額を下げてくれます。

大手買取店などの良いところはこういった部分です。支店の暴走を本社がいさめてくれます。

キャンセル料以外でも何かおかしなことや、正当性を欠くような要求がある場合も同様です。本社への連絡というのは非常に有効な手段となります。

段階によってキャンセル料は違う

どの段階でキャンセルしようとしているのかによっても話は全然違ってきます。

キャンセル料は実害に対して支払うのが一般的になっているからです。

契約書に書かれたキャンセル料はしょせん見せかけの金額。法的な正当性はありません。裁判になれば無効となり、実際の損害金額だけを支払うよう命じられます。

まずは自分がどの段階かを把握しましょう。

契約書 キャンセル料
まだ車も手元にあるし、書類も渡していない。この段階なら買取店側も実害ゼロ。だからキャンセル料も不要。
× 車だけは持って行かれたというケース。その手間賃ぐらいは払う必要があります。目安は1万円ぐらい。
× × 車も引き取られているし書類も渡して契約完了という状況。オークション出品代金や整備代金などが必要になるかも。3万円~10万円ぐらいは覚悟。

車も書類も渡していない

まだこの段階ならキャンセル料は不要。まだ何も実際の損害が出ていないからです。買取店側としても車や書類がない状況では事を進めようがありません。

出張査定に行った手間賃を払えと言ってくる買取店もたまにあるけど、査定は無料でしてもらったはずです。後から査定代を払えと言われても払う必要はありません。

車は引き渡してしまった

書類はまだ渡していないけど、車は向こうに渡っている。この場合もほぼ損害はありません。

販売のために部品を交換したり整備をしたりしている可能性はありますが、まだ正式な契約もしてない段階では買取店側の勇み足に過ぎません。そういうことは契約後にすべきこと。

だからそれらはコチラが与えた損害にはなりません。

車を自宅まで引き取りに来てもらっていたら、その手間賃ぐらいは払う必要があります。

車も渡したし契約書も交わした

売却の契約は完全に成立しています。しかしこの段階でも買取店はキャンセルに応じているのが実情です。

しかし次の買い手がすでに決まっていたらアウト。そのあたりがタイムリミットといえます。

この段階まで来るとキャンセル料はさすがに発生します。買取店も販売のための準備をはじめていますからね。その実際の損害額をキャンセル料として支払うことになります。

オークション登録料や陸送代金などいろいろ重なって高額になることも。

まだ契約翌日とか初期段階なら損害もあまりないはず。だからキャンセルするなら1秒でも早い方がいいです。遅れるほど販売準備が進んでキャンセル料も大きくなっていきます。

買取店にあきらめてもらうのがゴール

キャンセルを買取店にあきらめてもらうのがゴール キャンセルすることが当然目的なワケですが、もっと具体的に言うと本当のゴールは買取店にあきらめてもらうこと。

契約が完了している状況なら正義は買取店にあります。しかし消費者庁は契約直後ぐらいまでならキャンセルしてあげなさいという見解。微妙なんです。

だから買取店側は100%勝てる確信を持てないんです。しかもキャンセルの交渉なんて手間がかかるだけ。不毛な仕事といっていいでしょう。

でもやっぱり買取店としてはキャンセルなんてされたくないんです。売上の面でもそうだし、これまでの努力が無駄になるのも嫌だし。だからあの手この手で妨害して来ます。

もう次の買い手が決まったとか、オークション会場に輸送済みだとか、交換部品を注文済みだとか。嘘やハッタリを混じえてオオゴト感を演出してきます。

このように買取店は客からキャンセルの申し出があると、2つの感情の間で非常に揺れ動きます。キャンセルを阻止せねばという気持ちと、面倒だから早く終わらせたいという気持ちと。

売却契約のキャンセルって結局は我慢比べです。自分と買取店のどちらがあきらめるかです。

いまさらキャンセルなんて無理ですと言われてコチラが折れるか、いやとにかくキャンセルしますと押し通すか。

一番大事なポイントです。キャンセルは我慢比べ。交渉して買取店をやっつけるのがゴールではありません。ゴールは相手にあきらめてもらうこと・折れてもらうこと。コチラが相手を打ち負かしたという形ではなくて、買取店側が「仕方ないから許してあげるよ」となった感じに持っていくことです

買取店としてはキャンセルは絶対阻止したいことではあるけど、面倒なことでもあるんです。しかも消費者庁の見解などもあり100%買取店側に正義があるとは言えない点も不安。そういった気持ちに付け込んであきらめるよう持っていきましょう。

謙虚な態度で

車買取のキャンセルは謙虚に キャンセルの電話を入れるときも買取店へ交渉に行くときも、謙虚な姿勢で望みましょう。自分が悪いのだから。

キャンセルに対してあれこれ文句を言ってくる店員もいますが、素直に謝罪しましょう。

非は基本的にコチラにあります。そのことは当然わかっていますよという姿勢を買取店に見せないといけません。反省の態度ですね。

キャンセル時に求められるのはこの姿勢です。買取店とまともに対立してはいけません。相手も意地になって話がもっとこじれていきます。

車売却のキャンセルで対立 とくに態度が不遜な客には意地でも負けまいとします。感情的にもつれてしまうと事はスムーズに進まなくなります。

買取店と対決してはいけません。対立構造を作らないようにしましょう

買取店はキャンセルを阻止せねばという気持ちと、面倒くさいし早く終わらせたいという気持ちの間で揺れています。でも感情的にもつれるとキャンセル阻止への熱情が収まらなくなります。

そうした買取店の「いまさらキャンセルとかふざけるなよ!」というい気持ちを、謙虚な姿勢で抑制するのです。

ゴールは相手をやり込めることではありません。論破することでもありません。あきらめさせることです。

非は認め下手に出つつ、でもしっかり主張すべきことはして、相手に折れてもらうのです。

謙虚さと自己主張を両立させる

いまさらキャンセルとかふざけんなよ。

そう思っていてもコチラ側が非をちゃんと認めていたり、正当な損害額はキャンセル料として払うと言っていたらもう応じるしかありません。

これ以上交渉を続けても疲れるだけ。勝てるかどうかも怪しいし。

そういう状態に持っていけば買取店はあきらめてくれます。やはり大事なのはこの2点。

  • 謙虚に非を認める
  • 正当な損害額は支払う

感情的にならないよう謙虚な態度で交渉に臨みましょう。でも言うべきことはちゃんと言います。そうしないと不当な金額を吹っかけられてしまいます。

「オークション会場に運んでしまったからその輸送代金を払え」そう言ってきたら取引明細を見せてくれるようちゃんと要求しましょう。

こうしたものを見せてもらえないなら、その代金は払う必要ありません。証明書類もなしでどうやって損害金だと証明するのか。

キャンセル料として加算されるものは全部証明書類を見せてもらいます。ちゃんとした根拠があるものだけ支払いましょう

こうした金額の交渉でモメたからと言って、短絡的に「本社に連絡するぞ」と脅すのはよくありません。相手はよけい感情的になって溝が深まってしまいます。

本社への連絡はあくまで不当な要求にあたるものだけにしましょう。契約書にキャンセル料20万円って書いてるから払えだとかその類ですね。こうしたものは本社がすぐに対応してくれますが、正当な交渉なら動いてくれません。交渉は基本的に現場任せです。

本社への連絡を下手にチラつかせると「謙虚に非を認める」という努力が一瞬で水の泡に。

交渉事が上手くいかないのはやはり感情的になるから。強引な力押しばかりだとこの失敗に陥ります。

逆に相手の言いなりだと交渉は相手のペースに。

だから両方を持ち合わせる必要があるのです。謙虚だけど言うべきことは言うと。

まとめ:妥協点を見つけて決着

妥協点を見つけて車買取をキャンセル 車売却のキャンセルは、契約がもう完了してしまった後などの遅い段階でも意外と応じてもらえます。

あとはキャンセル料の交渉です。

先程紹介したように謙虚さと自己主張を両立させて、正当な損害額だけを払う方向に持っていきます。

上手に相手をあきらめさせましょう。

とはいえキャンセル交渉はコチラにとっても面倒で手間のかかること。妥協点を見つけて早めに終わらせてもいいです。キャンセル料は多めに払わないといけなくなるけど、泥沼のキャンセル交渉が続くよりはマシかもしれません。

「キャンセル料ゼロ、もしくは与えた損害額だけ払う」というのはある意味理想論です。絶対条件ではありません。

交渉が苦手な人は無理のない妥協点で終結させるもの全然アリです。